i-Toolの概要

担当者ごとの悩みとやりたいこと

  • マネージャーの悩み
    • 規模が膨大になり、保守コストが増えた
    • ドキュメントが整備できていないためブラックボックス化してしまった
    • 熟知した技術者が不足している
    やりたいこと
    大規模プログラムの見直し
    • 保守コストの削減:特にテスト工数の削減は必須
    • 軽量化、リファクタリングしたい
    • ビジネス変化:システム更新/統合、マイグレーションなど迅速な実現
    • システム技術者の育成
    →プログラムの構造、仕様の整理が必要
  • 開発担当者の悩み
    • 開発、エンハンスが続く
    • 担当のプログラムは複雑、理解が困難
    • 母体も大きく、ロジックが複雑(スパゲッティ状態)でとても追えない
    やりたいこと
    確実な改修、エンハンス。
    技術力の向上。
    • プログラム仕様の理解
    • 変更時の影響範囲の正確な整理確認
    • テストケース整理
    →プログラムロジックの理解が必要

i-Tool 構造化フローチャートなどでプログラムを可視化ソリューション(カスタマイズ)により、より高度な分析を提供

構造化フローチャートによる可読性の高い可視化

構造化フローチャートなら解る!

>>詳しくはこちら(PDF)

基本機能

ソースプログラムを構造分析した構造分析情報付きソースDBに基づいて作成された構造化フローチャートなどによりシステム可視化を実現します。
一般的のフローチャートやモジュール関連の分析、可視化ツールでは実現できない次のような高度な可視化を実現しています。

  • 構造化フローチャート作成機能

    構造化設計プログラムの概念でソースを整理、構造化フローチャートで直感的で可読性の高い可視化を実現。
    処理の単位(if〜end if)で区切られるので整理、把握が可能。

    >>詳しくはこちら

  • 正規化・実行パスの整理

    複雑な判定ロジックをシンプルな判定の組み合わせに分解、整理。
    実行パス、テストケースを明快にし、ロジック把握、追跡も容易にCASE、EVALUATE文などマトリクスで見える化=構造/パスが判る。

    >>詳しくはこちら

  • 手繰り寄せ

    親、子、孫…を統合した構造化フローチャート。
    メインメソッドから呼び出される子メソッド、孫メソッドを一緒に展開(手繰り寄せ)した構造化フローチャートを作成。

    >>詳しくはこちら

  • その他機能

    「構造化フローチャート作成機能」をベースとした「キーワード検索機能」があります。

    >>詳しくはこちら

  • サポート言語

    COBOL、Java、C、C#、C++
    VB.NET、VB6.0、PL/I
    (2016-03-01現在)

拡張機能

これなら整理できる!

  • スパゲッティプログラムも紐解けます! スパゲッティ状態ソースを紐解いて構造化整理
    • GoTo文多用によりスパゲッティ状態になっているプログラムロジックを紐解き構造化
    • 紐解いたロジックを構造化フローチャートで可視化。
    • 同一機能を果たすプログラムロジックを可視化。
    • >>詳しくはこちら(PDF)

  • テスト結果を見える化できます! テストケースの明確化、カバレージとトレース
    • GoTo文多用によりスパゲッティ状態になっているプログラムロジックを紐解き構造化
    • 紐解いたロジックを構造化フローチャートで可視化。
    • 同一機能を果たすプログラムロジックを可視化。
    • >>詳しくはこちら(PDF)

i-Toolのご利用形態

i-Toolの利用形態には、 「クラウド型」 、「ソースプログラムお預かり型」があります。
その他、お客様のご希望に応じた利用形態を提供いたします。

ソリューション(カスタマイズ)により、より高度な分析を提供

適用事例

こんなことでお困りではないですか?コピペによるシステムの肥大化など

  • テストケースを漏らしません! ストレート・コンバージョン検証
    • 旧/新プログラムを構造化フローチャートで比較
      (構造(形)並びに判定(if文など)項目の相違を比較)
    • 1対1にコンバージョンされていない部分(構造(形)、判定が不一致)を抽出
      テスト計画の重み付け
    • ex:一致部分:旧プログラムテスト実績の活用 不一致部分:テスト計画を重点的に策定
    • >>詳しくはこちら(PDF)

  • 肥大化プログラムも整理できます! 類似コーディングの調査、
    コピペによるシステムの肥大化
    • メソッドVSメソッド命令コーディング行単位で比較
      ⇒「類似率(合致行数/総行数)」を算出
    • 全メソッドの総当り比較による正確な比較を表現
    • i-Tool正規化機能による正規化コーディングの比較による正確な比較を実現
    • >>詳しくはこちら(PDF)

お気軽にお問合せください 03-5276-0222 営業時間 9:00〜18:00(土・日・祝 定休)