情報セキュリティ宣言(セキュリティ・ポリシー)
 アイ・システム株式会社(以下、当社と言う)は、システム開発ならびにITコンサルティングを主体としたシステムソリューション事業を展開しています。この事業を継続的・安定的に遂行するためには、事故、災害、犯罪等あらゆる脅威から情報資産を保護するための情報セキュリティの確保が重要となります。
 この目的のため、当社が保有するすべての情報資産の安全対策に関する基本的事項について、適切な保護と管理方針を情報セキュリティ基本方針(セキュリティポリシー)として定め、当社業務に携わるすべての役員及び社員がこれを遵守し、情報資産の保護・管理が有効に機能するよう努めることをここに宣言いたします。
 
 【基本事項】
1. 本文書は、アイ・システム株式会社における情報セキュリティ確保のための基本方針を取り纏めたものであり、当社は基本方針に反する意思決定・行動は行いません。
 
 【情報資産の保護・管理】
2. 情報資産とは、情報と情報システム、ならびにこれらが適切に保護され、正当に機能するために必要な要件の総称です。当社は、情報資産の機密性、完全性および可用性を確保し維持するために人的、物理的、技術的なセキュリティ対策を講じます。
 
 【管理体制】
3. 社長は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)のトップマネジメントを担うとともに、取締役を中心に構成する情報セキュリティ委員会を組織し、全社的な情報セキュリティ推進及び管理体制を構築します。
 
 【従業員の参加と義務】
4. 情報資産の安全対策には、すべての役員および社員(派遣社員、協力会社社員も含む)が参加し、情報資産に関する法令等を遵守するとともに、本方針に準拠した手順にしたがい情報セキュリティの確保に努めます。
 
 【教育・啓蒙】
5. 役員および社員が情報セキュリティの重要性を認識するために必要な教育・啓蒙を実施し、情報セキュリティポリシーの周知徹底を図ります。
 
 【評価・改善】
6. 当社は、定期的に本方針の評価及び見直しを行い、ISMSの継続的改善を図ります。
 

制定日 2006年4月1日
改定日 2015年2月1日

アイ・システム株式会社
代表取締役 石田 伸一