大きなシステムを自分の手で作り上げる喜びと、そこから得られる成長の実感 ZEN INOMATA

金融公共第一事業部 ZEN INOMATA

若い頃からITに興味を持っており、情報技術を修めるため東京工業大学・大学院に進む。2018年に新卒でアイ・システムに入社後、半年間は社内のクラウド環境の開発に従事し、現在は「日本学生支援機構」の奨学金のシステムを担当している。

入社理由

「自分が作ったものが動いている」という実感をもたせてくれる環境

あまり大手の企業よりも、アイ・システムぐらいの規模の会社の方が、より「自分が作ったものが動いている」という実感が得られると思ったのが、入社理由のひとつですね。それから、大学の研究室からこの会社に最初に入った先輩が非常に優秀な方でして。面接などでも、「先輩が会長からも頼りにされている」という話を聞きました。そのようなトップと社員との近さも、大企業ではなかなかないことだと思いますし、この会社に入って「自分もそんな存在になれたらいいな」という憧れもありました。

やりがい

みんなと一緒に作り上げたシステムが無事に動いたとき、とても達成感を感じます

大きい案件が終わってシステムが無事に全部動いたときは、すごい達成感を感じました。そのタイミングで、チームの仲間や一緒に頑張った協力会社の方々と笑顔で雑談していると、「やりきったな」と思えます。それから、以前は「ここを直して」と言われると、その部分だけで終わっていました。でもいまは、自分から「だったらこの部分も直さないと」と気付けるようになってきましたので、少しずつ成長しているのかな、と感じています。

今後の目標

お客様の前にきちんと立ち、様々な提案や説明ができる人材になるため努力をしています

これから新人も入ってきますので、上手に指示を出して、お客様の要望に応え、スケジュールも上手く回せるように成長したいです。それから、いまの仕事に入って1年ちょっとになりますが、まだまだお客様に提案ができるレベルには達していないと感じています。今後は知識や技術をさらに身につけて、「お客様の前に立てる」人材にもなりたいです。

休日の過ごし方

家でのんびり過ごしたり、友人とテニスをしたりします

休日は、家にいる日と友人と外で遊ぶ日を、意図的に分けています。家にいる日は、平日に録画しておいたテレビドラマを見たり、読書をしたり。外に出る日は、友人とテニスをやったり。会社の上の方から、「この仕事は運動不足になるよ」と聞いているので、月に2回ぐらいは、まだ学校に通っている友人と母校のコートで汗を流しています。長期休暇は、例えば5日あったら2日は実家に帰り、残りは8人ぐらいの友達と、箱根などの近場に旅行に行くという感じです。

仲間からのコメント

仕事は一生懸命で、顧客からの信用もあり、資格の取得にも貪欲。常に自分を磨き続ける姿を見ていると、これからの成長も楽しみです。
また、私を含めて周りに刺激を与える存在で、信頼できる社員です。(上司・丹 優樹)

仲間からのコメント

気軽に相談でき、いつも真剣に聞いてくれるので助かっています。
一緒に仕事する機会も増え、今後とも切磋琢磨しあえるといいと思っています。(同僚・佐々木 勇輔)

アイ・システム株式会社 Copyright ©i-system Co.,Ltd. All Rights Reserved.