上流工程から下流工程まで、
できる案件の幅が広いので成長の機会がたくさんあるなと思います。
KENSEI TAKEMURA

金融公共システムソリューション第二事業部 KENSEI TAKEMURA

大学では工学部に所属しており、PC・システムといった分野が身近だったこと、そしてこれからも発展し続ける・無くならない仕事であると感じてこの業界へ足を踏み入れる。2017年にアイ・システムへ中途入社をして、現在は某保険会社のポータルサイトのシステム設計に関わっている。

入社理由

一緒に働く仲間として
信頼できる人が多そうだなと感じました。

以前勤めていた会社も同業界の会社だったのですが、自分がやりたい仕事と、アサインされる現場の方向性に乖離を感じて転職を考えるようになりました。この業界では、1つの現場に複数社のエンジニアがアサインされて、一緒にシステム開発をしていくスタイルが主流なのですが、その時に同じチーム内にアイ・システムの方がいたんです。話を聞いてみて、自分のやりたい仕事ができそうだったこと、そして何よりチームとして一緒に働いていてアイ・システムの社員の方の「人の良さ」に魅力を感じたので、入社を決意しました。実際に入社してみて、入社前に感じたことは間違っていなかったと感じています。

やりがい

扱う案件の幅が広いため、
ものづくりの醍醐味を味わうことができると思います。

今担当している案件は自動車用の保険のシステム開発です。ただ決まった要件に沿ってシステムを作るだけではなく、委託先の会社のパートナーとしてシステムの設計から携わらせてもらっています。アイ・システムには実際に手を動かしてものづくりをする案件だけでなく、そういったシステムの設計部分、いわば「上流工程」から携われる案件も多くあるので、「自分で考える」「手を動かす」といったものづくりの醍醐味を味わうことができます。上流工程の案件も下流工程の案件も幅広くあるアイ・システムだからこそ、このやりがいを感じられているのではないかなと思いますね。

今後の目標

技術力とマネジメント力、
両方を磨いていきたいです。

今担当している案件では、システムが形になってきた時点でお客様のもとに出向いて、実際に利用される環境下でシステムが正常に動くのかをテストしに行きます。現地でテストをしながら不具合を見つけて、遠隔で仲間に指示をしながらコードを修正していってもらうこともしばしばです。自分自身が技術を理解していないと不具合の原因の特定も難しいので、やはり技術力を磨いていきたいなと思う一方で、その場で人を動かしたり、お客様と交渉をしたり‥といったコミュニケーション能力・マネジメント力も求められるので、両方の力を磨いて行けたらいいなと考えています。

休日の過ごし方

奥さんと一緒に映画鑑賞や旅行を楽しんでいます!

奥さんが旅行好きで計画を練ってくれるので、休日はそのプランで旅行に行ったりしています。また、二人とも映画も好きなので一緒に映画を見に行くことも多いです。少し前は大好きなマーベルシリーズを見に行きました!今はこのようなご時世なのでなかなか外出をすることができませんが、また旅行を行けるようになったらゆっくり温泉にでも行きたいですね!

仲間からのコメント

社内はもちろん顧客にとっても安心して仕事を任せられるSEです。様々な部署からの依頼を持ち前の柔らかな人当りとあの笑顔で取りまとめていく姿をとても頼もしく思っています。
(上司・関谷 等)

仲間からのコメント

とても温厚な人柄で、他部署からの難しい依頼であっても、落ち着いて対処されているため、部署内外からとても頼りにされているチームに欠かせない存在です。
(同僚・杉町 勇和)

仲間からのコメント

わからないことについて気軽に相談に乗っていただき、いつも助けていただいています。また、多くの仕事を担当しており、顧客からの信頼も厚いため、私の目標としている先輩です。
(後輩・山本 信之)

アイ・システム株式会社 Copyright ©i-system Co.,Ltd. All Rights Reserved.