コンプライアンス

アイ・システムでは、法令等遵守の内部統制システムの構築・維持を役割として、 取締役を委員長とするコンプライアンス委員会を設置し、社会から信頼される企業創りを目指しています。

アイ・システムは、「社会からの信頼」を全ての活動の原点におき、コンプライアンス(法令等遵守)を経営上の最重要事項の一つと位置づけています。
そして企業集団としてはもとより一人ひとりがコンプライアンスを実践し、事業活動を通じて企業の社会的責任を果たすために、 「アイ・システム行動憲章」として次の10原則を定め、すべての役員・社員がこれを遵守し誠実に行動することを基本姿勢としています。

アイ・システム 行動憲章

1.コンプライアンス

関係法令や社内規則を遵守し、また、社会通念上のルールにも照らし合わせ常に責任ある行動をとります。

2.利益相反行為の防止

会社の正当な利益に反し、自身や第三者の利益を図るような行為は一切認めません。

3.厳正な情報管理

業務上知り得た企業秘密、ノウハウ、個人情報などの秘密情報を厳正に管理し、これらを不正に使用したり第三者に漏洩することはいたしません。 

4.公正な競争

公正で自由な競争を阻害するような談合等の行為は行いません。また、取引上の立場を利用して相手方に不利益を強いるような行為も行いません。

5.反社会的勢力に対する姿勢

市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的な者や団体との関与を断固として拒絶します。

6.接待・贈答

業務上の地位を利用して金品等不当な利益を得ることや、社会的に不相応な接待・贈答の授受は行いません。

7.適正な利益

公正な事業活動を通して適切な利益を上げ蓄積する努力を続けます。

8.差別の禁止

性別や年齢、職業、国籍、人種、思想、信条、宗教等を理由とする不当な差別や人権侵害は一切容認いたしません。

9.ハラスメントの禁止

セクシャルハラスメント等のいかなるハラスメントも一切容認いたしません。

10.職場環境の整備

社員の人権を尊重し、職場環境の整備・向上ならびに社員の能力向上を図ります。

情報セキュリティ

高度情報化社会における情報資産の重要性を認識し、お客様やビジネスパートナーの情報資産をはじめとした個人情報を 安全かつ適切に取り扱うことが重要な社会的責務と考えています。 私たちは、個人情報保護に関するコンプライアンス体制ならびにお客様の情報資産を守るセキュリティ管理体制を構築し 情報資産の適切な管理・活用・安全確保に努めています。

個人情報の取扱い・管理に関する基本方針である「プライバシーポリシー」ならびに基本的事項である「個人情報保護規程」を策定するとともに、 取締役の中から任命した個人情報保護管理者を責任者とする全社的な管理体制を構築しています。 そして法令ならびに個人情報保護規程の遵守を社員および関係者に徹底し、個人の権利・利益の保護に努めています。

情報セキュリティ対策の責任者として、セキュリティ担当取締役を設置するとともに、 すべての部門およびプロジェクトにはセキュリティ管理者を配置し全社的なセキュリティ管理体制を整えています。 そして私たちが取り扱うすべての情報資産を、機密性、完全性、可用性の面について、故意、過失、事故、災害の脅威から保護しています。