1人1人の背中を押してくれる会社で
再びエンジニアになれてよかったです
KOHTARO OHNO

通信プロダクトソリューション事業部 KOHTARO OHNO

幼いころからPCに興味があり、大学では情報系学科に進学。大学卒業後から5年半続けたエンジニアを一度辞めたものの、この業界・仕事の楽しさを再認識して、再びエンジニアになる決意をする。そして縁あって2017年にアイ・システムへ入社。現在はその経験と人柄を活かして、大規模プロジェクトに携わり、新規プロジェクト立ち上げへ向け活躍している。

入社理由

決め手は「人の良さ」
ここで再びエンジニアとして
働きたいと感じました

前職もエンジニアだったのですが、自分の仕事内容と評価とにギャップを感じて、「自分の市場価値ってどのくらいなんだろう?」と思ったことをきっかけに転職を考え始めました。そこで一度、約半年間運用・保守の仕事をしてみたのですが、自分にとってはあまり面白くなくて‥。やはり自分で新しい技術や知識をどんどん身に付けていくことができるエンジニアって楽しいなと再認識したので、以前の会社の時から繋がりがあったアイ・システムの方に相談して、入社を決めました。決め手は人の良さですかね。それに加えて、「大野にはこのポジションで活躍してほしい」というビジョンを明確に提示してくださり、それがやりたい方向性と合致していたので、ここなら楽しく働けるのではないかと思い入社を決意しました。

やりがい

「挑戦してみよう」という空気感が
考えることを楽しくさせる

アイ・システムでは、例えば今まで使っていなかったソフトや、今までと違った作業の進め方を取り入れたいときに、上司に相談すると「まずはやってみよう。ダメなら戻そう。」と言ってくれるため、考えるのが楽しいです。これはアイ・システムに転職してきたからこそ感じられる面白さなのかなと思っています。新しいことにも積極的に挑戦させてもらえる環境なので、技術や知識を無限に広げていくことができるエンジニアの醍醐味を味わうことができていますね。個人的には、今、人工知能についての勉強を進めています。将来案件が発生した時に「もう資格持っていますよ」とドヤ顔で言いたいなと考えています(笑)。

これからの展望

転職・他の現場を見てきた経験を
後輩にも還元していきたいです

僕は、転職活動を経験してきた人・他社を経験してきた人にしか見えない景色があると思っています。自分の市場価値、そしてその価値を高めるためにはどうしたら良いのかを知れた強みを、スキルアップや課題解決に悩んでいる若手メンバーに還元して、チームの成長に繋げていければと考えています。あと、今後は教育やマネジメント力も強化していきたいです。これからは個の時代ではなく、チームの時代だと思いますし、周りをうまく巻き込んで行くといったところは得意分野だと感じているので、その役割をしっかりと担っていきたいですね!そのために、自分の隣で起こった障害に対してアドバイスをしたり、広く全体を見渡して積極的に周りの人と関わるように心がけています。自分のモットーは「元気があれば何でもできる!」なので、明るく楽しく、うまく周りを巻き込んでチームの力を最大限にしていけたら、と思っています!

休日の過ごし方

筋トレ・バイク・プロレス!!

休日は、筋トレ・バイク・プロレスに熱中しています!プライベートとの両立はしやすく、休日はこの3つに愛を注ぎまくっています!最近は筋トレをしている若手メンバーと筋トレ談義をしたりもしています。笑
長期休暇を取得してバイクでツーリング旅にも行ったりしています!ツーリングに行ったときは、職場へのお土産も買うようにしています!

仲間からのコメント

好奇心旺盛で、未来に向かって新たなことに挑戦し続ける力を感じます。今後に期待しつつも、自分も負けられないなと感じます。お互い切磋琢磨していける存在です。
(上司・毛利 貴之)

仲間からのコメント

人柄もよく、他メンバの作業にも気をかけてくれて、大変助かっています。開発経験/知識も豊富で頼りになる存在です。
(先輩・原田 雅隆)

仲間からのコメント

とても優しく、困ったときには助言をくれるさわやかな先輩です。
また、礼儀正しく意欲的に仕事に取り組む姿に、社会人として見習うべきものがあると日々感じています。
(後輩・田中 斗波)

アイ・システム株式会社 Copyright ©i-system Co.,Ltd. All Rights Reserved.