支えてもらっていた分、今度は後輩のチャレンジを支えていきたいです RYOSUKE HOSOKAWA

金融公共システムソリューション第一事業部 RYOSUKE HOSOKAWA

高専の情報系の学科を卒業後、2017年に新卒で入社。それ以来、日本学生支援機構の奨学金システム開発に従事。要件定義から設計・実装・テストまでの一連の開発業務を担当。

入社理由

若手のうちからチャレンジできる
会社を探していました

就職活動時の合同説明会で、数ある会社の中でも「技術力を重視している」、「若手がチャレンジできる環境がある」と感じ、若いうちに様々なことに挑戦してみたいと思っていたので、アイ・システムへの入社を決めました。
入社後も自分にチャレンジングな仕事を任せてもらえるだけでなく、先輩との距離が近く相談しやすい環境であることを実感しています。

やりがい

責任が大きい分、
達成感も強く感じます

現在は日本学生支援機構の奨学金システムの開発業務を担当しています。利用者規模も大きく責任も大きい仕事ですが、そんな中で自分が提案した内容が採用された時や、無事に本番リリースまで達成できた時にやりがいを感じます。
また、1~2年目は自分の仕事に注力していましたが、今は後輩も増えてきて、教育にも力を入れるようになっています。教育した後輩が成果を出してくれることや、やりがいもモチベーションになります。

今後の目標

チームを牽引できる存在に

最近はチーム開発の重要性を実感する場面が多く、チーム開発のノウハウも吸収しつつ、チームを牽引できるようにステップアップしていきたいです。
一方で、日々進化する情報技術も吸収しつつ、より質の高いシステム提案をできるように、技術面もチームのマネジメント力も学んで成長していきたいです。

休日の過ごし方

リフレッシュしつつ、体と頭を動かしています

最近は趣味でボルダリングをしており、ボルダリング後に温泉に行ってリフレッシュしています。ボルダリングは課題をクリアするために頭を使いながらゴールを目指して登るのが楽しいです。また、興味がある技術があれば、休日を使ってその技術を実際に試してみることも多いです。リフレッシュと自己研鑽をバランスよく行うことを心がけています。

仲間からのコメント

どんなに忙しい時でも、部下からの質問や他担当からの問合せに対し、非常に丁寧に対応しているのをよく見かけます。誰からも信頼されるリーダーに成長することを期待しています。
(上司・MAKOTO WATANABE)

仲間からのコメント

人柄はとても優しく、チームメンバーの面倒見が良い後輩です。
仕事に対して責任感が強く、率先して動いてくれるので私も助かっています。
(先輩・TAKESHI OZAWA)

その他の社員をみる

アイ・システム株式会社 Copyright ©i-system Co.,Ltd. All Rights Reserved.